植物性抗がん剤が効果的なポイントについて

植物性抗がん剤が効果的なポイントについて 植物性の抗がん剤が効果的なポイントとして挙げられる理由は、動物性のものと違って、天然成分によって作られているという点です。
天然成分を使用しており、人工的に作られた抗がん剤とは違うので、体への副作用を最小限にするだけでなく、抗がん剤としても非常に効果的な点がメリットであると言えるでしょう。
デメリットは、人工的に作られた抗がん剤よりも、コストがかかるという点です。
低コストで量産することが難しいので、患者には経済的な負担をかけてしまうことになります。
しかし、植物性のものはオーガニックなので、それが原因になって発がん性物質を生み出すことはありません。
さらに、人によっては副作用の症状が少ない場合や全く無い場合もあるので、低リスクで使用することが出来る点が魅力的であると言えるでしょう。
最近では更に研究が進められており、低コスト化と量産化を推進しているところが特徴的です。
将来的に低所得者層でも利用できるようになる未来も近いです。

人間は植物の毒性を用いた抗がん剤を服用する

人間は植物の毒性を用いた抗がん剤を服用する 強い毒性を持つ植物から有毒成分を抽出して作られた抗がん剤のことを植物アルカロイドと言います。
アルカロイドとはアルカリ性の天然由来の有機化合物との意味で、このような抗がん剤の研究は20世紀半ばに注目されました。
ニチニチソウからのピンカアルカロイド系、セイヨウイチイからのタキサン系、チョウセンアサガオからのトポイソメラーゼ阻害剤の3種類あります。
ピンカアルカロイド系は細胞分裂で重要な働きを持つ微小管の活動を阻止しがん細胞の分裂を抑制、精巣がんや神経芽腫や乳がんや肺がん患者に主に服用され、手足のしびれなど神経障害の副作用が強いです。
タキサン系も微小管に作用しがん細胞の分裂を抑制するもので、比較的新しく開発され乳がんや子宮がんや卵巣がんの女性特有がん患者や脳腫瘍を除いた頭部のがんなど幅広く用いられ、呼吸困難や血圧低下などアナフィラキシーショックの副作用が強いのが特徴です。
トポイソメラーゼ阻害剤は細胞分裂の際にDNAの切断と結合に関わるトポイソメラーゼという酵素の働きを阻害させがん細胞を死滅に導くもので、肺がんや胃がんや悪性リンパ腫や大腸がんなどの患者に処方され、白血球や赤血球や血小板の減少といった骨髄抑制の副作用が出ます。

新着情報

◎2019/1/24

植物の毒素を利用する抗がん剤
の情報を更新しました。

◎2018/10/19

植物由来による抗がん剤のリスク
の情報を更新しました。

◎2018/7/24

副作用を植物で癒す方法
の情報を更新しました。

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 ポイント」
に関連するツイート
Twitter

"僕の専門はではありませんが、の専門家はたくさん知っているので、いろいろな方から意見を聞きました。ニボルマブ(商品名「オプジーボ」)という免疫チェックポイント阻害剤を開発された京都大学医学部の本庶佑先生にも、平尾誠二という名前はいっさい出さずに、話を伺いに行きました" 「友情」

Twitterあきーら:カジュアル系@tsubuyakimasse

返信 リツイート 昨日 18:26

返信先:@edgeofstreet918他2人 オプシーボとかチェックポイントとか、になったら死ぬかー って位高いですし。 遺伝子治療なんて、一般レベルまで降りるかどうかも解らん位ですしねぇ

Twitter凹@横須賀鎮守府軍医中将@shooter_amm

返信 リツイート 昨日 0:42

生物と同じで、生命を危機に陥れるような「細胞」をいかには入れないしくみをつくるか、そしていかに排出するかを考え抜くことが、会社経営にも重要なポイント

返信先:@choppar1love725 そういえば昨年のノーベル医学賞の本庶教授の研究は「敵視されない細胞を白血球がきちんと攻撃するようにさせる」免疫チェックポイント療法の研究でしたね。 なんらかの理由でPBFDウィルスが白血球に敵視されなくなっているのかなと妄想します😅

IK太郎さん看護師だからなんでもにしちゃう所アピールポイントだと思う

Twitterたいかい3試合目0キル@Haji_is_a_pine

返信 リツイート 2/22(金) 12:57

QOLとかそういう枠組みで安楽死を議論することまで全否定はしませんよ。賛成するかどうかはともかく。 私が言ってるのはそういうポイントじゃなくて、「財政再建の手段として安楽死が議論」され始めていることですよ。 これやりだすと老人とか末期とか関係なくなりますからね。

Twitterすまん寝@財務省廃止・財政再建阻止@sumannne

返信 リツイート1 2/21(木) 21:29

【Dr.Mitsuokaの進級試験サマライズ】産婦人科編 ポイントは子宮体のStage決定 pic.twitter.com/kPprLYbkmu

咽頭がピンポイントで痛むんだけどなにこれ 咽頭

口内炎と思っていたが実はだった!? 堀ちえみさんが舌を明かされましたが、その話の流れは実際によくある事です。 早期に発見すればほとんどが治るので “これはおかしいかも?” と疑ってちゃんと耳鼻科を受診をすることが何より大切です! ポイントを解説してます。 kosaka-ent-clinic.com/?p=1561

Twitter小坂耳鼻咽喉科クリニック@kosakajibika

返信 リツイート3 2/21(木) 8:30

返信先:@ToughNBrave他1人 分子標的薬は細胞表面に提示されてる物質をブロックして、細胞増殖などのカスケードを止めるクスリで、免疫チェックポイント阻害薬は細胞表面にあるPD-L1やT cellにあるPD-1をブロックすることで、細胞免疫の抑制を外すクスリのことですね。作用点の違いで使い分けるんですかね。