植物性抗がん剤が効果的なポイントについて

植物性抗がん剤が効果的なポイントについて 植物性の抗がん剤が効果的なポイントとして挙げられる理由は、動物性のものと違って、天然成分によって作られているという点です。
天然成分を使用しており、人工的に作られた抗がん剤とは違うので、体への副作用を最小限にするだけでなく、抗がん剤としても非常に効果的な点がメリットであると言えるでしょう。
デメリットは、人工的に作られた抗がん剤よりも、コストがかかるという点です。
低コストで量産することが難しいので、患者には経済的な負担をかけてしまうことになります。
しかし、植物性のものはオーガニックなので、それが原因になって発がん性物質を生み出すことはありません。
さらに、人によっては副作用の症状が少ない場合や全く無い場合もあるので、低リスクで使用することが出来る点が魅力的であると言えるでしょう。
最近では更に研究が進められており、低コスト化と量産化を推進しているところが特徴的です。
将来的に低所得者層でも利用できるようになる未来も近いです。

人間は植物の毒性を用いた抗がん剤を服用する

人間は植物の毒性を用いた抗がん剤を服用する 強い毒性を持つ植物から有毒成分を抽出して作られた抗がん剤のことを植物アルカロイドと言います。
アルカロイドとはアルカリ性の天然由来の有機化合物との意味で、このような抗がん剤の研究は20世紀半ばに注目されました。
ニチニチソウからのピンカアルカロイド系、セイヨウイチイからのタキサン系、チョウセンアサガオからのトポイソメラーゼ阻害剤の3種類あります。
ピンカアルカロイド系は細胞分裂で重要な働きを持つ微小管の活動を阻止しがん細胞の分裂を抑制、精巣がんや神経芽腫や乳がんや肺がん患者に主に服用され、手足のしびれなど神経障害の副作用が強いです。
タキサン系も微小管に作用しがん細胞の分裂を抑制するもので、比較的新しく開発され乳がんや子宮がんや卵巣がんの女性特有がん患者や脳腫瘍を除いた頭部のがんなど幅広く用いられ、呼吸困難や血圧低下などアナフィラキシーショックの副作用が強いのが特徴です。
トポイソメラーゼ阻害剤は細胞分裂の際にDNAの切断と結合に関わるトポイソメラーゼという酵素の働きを阻害させがん細胞を死滅に導くもので、肺がんや胃がんや悪性リンパ腫や大腸がんなどの患者に処方され、白血球や赤血球や血小板の減少といった骨髄抑制の副作用が出ます。

新着情報

◎2018/7/24

サイト公開しました

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 ポイント」
に関連するツイート
Twitter

RT @mxh01723: @_yanocchi0519 は体質病です体質を改善すれば、以外と簡単に治るケースが沢山あります。切っても毒を飲んでも放射線を浴びても体質は改善されません。ポイントは体温を上げること、断食での餌(ブドウ糖)をカットしケトン体質にする。玄米生菜食少…

おはようございます。 医療ワンポイントアドバイス(その752) 膵のリスク因子の喫煙とは? よろしくお願いします。 医療ワンポイントアドバイス(その752) 膵のリスク因子の喫煙とは? 27053.p27.justsv.com/?p=1998

Facebook横山義信

6:26

医療ワンポイントアドバイス(その752) 膵のリスク因子の喫煙とは? ⇒ ameblo.jp/gishin1010/ent… #アメブロ @ameba_officialさんから

昨日私がになって1週間後に死ぬって言われて一緒にキングダムハーツの新作ができないからショック受けとる夢を見たから病院行ってみ?って電話してきて怒ってたけどわろたわろた 悲しみポイントがキングダムハーツとな?🤟

細胞くん嫌いになるポイントが見つからない(好き) pic.twitter.com/vtWCvQcc6e

入れ墨があるとMRI検査は受けられない?現役刺青師の見解は #ldnews news.livedoor.com/article/detail… 有料健康診断二年前友達と行って頭のMRI友達受けれなかった 腕にワンポイントでもダメだと 今でもネット調べればダメな所多いんじゃないのかな? の疑いがある時は別だと思うけど

Twitterピョンちゃん(おやつ減らします)@YPiyon

返信 リツイート 昨日 6:12

おはようございます。 医療ワンポイントアドバイス(その751) 膵のリスク因子の慢性膵炎とは? よろしくお願いします。 医療ワンポイントアドバイス(その751) 膵のリスク因子の慢性膵炎とは? 27053.p27.justsv.com/?p=1996

医療ワンポイントアドバイス(その751) 膵のリスク因子の慢性膵炎とは? ⇒ ameblo.jp/gishin1010/ent… #アメブロ @ameba_officialさんから

実父は膀胱(Ⅳ期)で2年半前から抗がん剤・放射線療法と治療を続けている。抗がん剤は副作用が強く出だした為「免疫チェックポイント阻害剤」の治療へ移行。治療効果は高いが現時点の父に有効とは…。 肺で亡くなった夫が最後に受けた治療でもある。 父との時間も残り限られてきたのかと痛感した。

を専門的に診察している医師と、B型肝炎などの消化器全般を診察している医師では、診察のポイントが異なっていると言われています。

TwitterB型肝炎を考えるBot@susurewiluge

返信 リツイート 9/24(月) 8:58