植物性抗がん剤が効果的なポイントについて

植物性抗がん剤が効果的なポイントについて 植物性の抗がん剤が効果的なポイントとして挙げられる理由は、動物性のものと違って、天然成分によって作られているという点です。
天然成分を使用しており、人工的に作られた抗がん剤とは違うので、体への副作用を最小限にするだけでなく、抗がん剤としても非常に効果的な点がメリットであると言えるでしょう。
デメリットは、人工的に作られた抗がん剤よりも、コストがかかるという点です。
低コストで量産することが難しいので、患者には経済的な負担をかけてしまうことになります。
しかし、植物性のものはオーガニックなので、それが原因になって発がん性物質を生み出すことはありません。
さらに、人によっては副作用の症状が少ない場合や全く無い場合もあるので、低リスクで使用することが出来る点が魅力的であると言えるでしょう。
最近では更に研究が進められており、低コスト化と量産化を推進しているところが特徴的です。
将来的に低所得者層でも利用できるようになる未来も近いです。

人間は植物の毒性を用いた抗がん剤を服用する

人間は植物の毒性を用いた抗がん剤を服用する 強い毒性を持つ植物から有毒成分を抽出して作られた抗がん剤のことを植物アルカロイドと言います。
アルカロイドとはアルカリ性の天然由来の有機化合物との意味で、このような抗がん剤の研究は20世紀半ばに注目されました。
ニチニチソウからのピンカアルカロイド系、セイヨウイチイからのタキサン系、チョウセンアサガオからのトポイソメラーゼ阻害剤の3種類あります。
ピンカアルカロイド系は細胞分裂で重要な働きを持つ微小管の活動を阻止しがん細胞の分裂を抑制、精巣がんや神経芽腫や乳がんや肺がん患者に主に服用され、手足のしびれなど神経障害の副作用が強いです。
タキサン系も微小管に作用しがん細胞の分裂を抑制するもので、比較的新しく開発され乳がんや子宮がんや卵巣がんの女性特有がん患者や脳腫瘍を除いた頭部のがんなど幅広く用いられ、呼吸困難や血圧低下などアナフィラキシーショックの副作用が強いのが特徴です。
トポイソメラーゼ阻害剤は細胞分裂の際にDNAの切断と結合に関わるトポイソメラーゼという酵素の働きを阻害させがん細胞を死滅に導くもので、肺がんや胃がんや悪性リンパ腫や大腸がんなどの患者に処方され、白血球や赤血球や血小板の減少といった骨髄抑制の副作用が出ます。

新着情報

◎2018/10/19

サイト公開しました

◎2018/7/24

サイト公開しました

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 ポイント」
に関連するツイート
Twitter

@tos もしかして 匿名さんも目撃した人もみーも シスターズとメンヘラおばさんに 嫉妬してる設定なの🤭⚡️ 嫉妬するポイント ないよね………⁇ ショップの事が分かる前から ジャンルのだと 思うんだけども みーは嫉妬してるのか〜🤯‼️

『Mn電池・超急速充電』最先端治療(がん・ガン・) と重粒子線治療 ⇒ ameblo.jp/feynman/entry-… さまざまな新しい電池の開発が目白押しのこの頃。 マンガン電池もその一つ。 セールスポイントは超急速充電でたった数秒だという。

Twitter齋藤一弥<穏やかなレジスタンス&里山資本@rainasu

返信 リツイート 昨日 17:36

生物と同じで、生命を危機に陥れるような「細胞」をいかには入れないしくみをつくるか、そしていかに排出するかを考え抜くことが、会社経営にも重要なポイント

「賢い」「頭がいい」「しっかりしてる」を女に対してはマイナスポイントとして降りかざせることが本当に無理〜社会の☆〜(ゝ。∂)

治療でも腸ですが、このの予防も腸をポイントでかなり有効性ありそうですね。有害なワクチン注射して病気を予防してるつもりになってる人って、可哀想。 乳酸菌を活用 世界初の経口薬によるHPV標的免疫療法を開発 hc.nikkan-gendai.com/articles/212386 #日刊ゲンダイヘルスケア

チェックポイント阻害薬のコンセプトは生体防御能力を強化し、細胞障害回避を逆手にとったある種のを叩くというものだが、これは免疫学でいう自己非自己認識の鍵でもある。当然ながらアジュバンド問題で表出した自己免疫疾患とも絡んでくる。だから普通は安易なことは言わないと思うんだけどね😷

返信先:@katsuyatakasu 私も祈ってますね!今の放射線はピンポイントでできるし、抗がん剤治療よりいいみたい。うちも家系ですが長生きでもあります。奇跡のシェフっていう本も読んでみて下さい。樹木希林さんのデスクにもありました。よく生きていますね?って医師に言われて14年も生きた食事療法の天才シェフ👨‍🍳です。

髄様は診断基準があるので診断するならチェック。予後良好に入るんだけど著明なリンパ球浸潤を伴うというのが寄与していると考えられている。腫瘍細胞が合胞体様に増殖し、境界明瞭な3cm大の腫瘤を形成し腺管形成ないというのがポイント。TNBCで基底細胞様乳でBRCA1遺伝子変異多い。

RT @amasehimika147: ちなみに、全720種あるコード文の中で、『がん』(ガン、)というワードが入っているのは、唯一このソーラーコード103だけです。720分の一の確率です。この点一つを取っても、コードロジーだけが備えるあまりに驚異的なピンポイントでの事象的中…

医療ワンポイントアドバイス(その828) 大腸とは? ⇒ ameblo.jp/gishin1010/ent… #アメブロ @ameba_officialさんから