植物性抗がん剤が効果的なポイントについて

植物性抗がん剤が効果的なポイントについて 植物性の抗がん剤が効果的なポイントとして挙げられる理由は、動物性のものと違って、天然成分によって作られているという点です。
天然成分を使用しており、人工的に作られた抗がん剤とは違うので、体への副作用を最小限にするだけでなく、抗がん剤としても非常に効果的な点がメリットであると言えるでしょう。
デメリットは、人工的に作られた抗がん剤よりも、コストがかかるという点です。
低コストで量産することが難しいので、患者には経済的な負担をかけてしまうことになります。
しかし、植物性のものはオーガニックなので、それが原因になって発がん性物質を生み出すことはありません。
さらに、人によっては副作用の症状が少ない場合や全く無い場合もあるので、低リスクで使用することが出来る点が魅力的であると言えるでしょう。
最近では更に研究が進められており、低コスト化と量産化を推進しているところが特徴的です。
将来的に低所得者層でも利用できるようになる未来も近いです。

人間は植物の毒性を用いた抗がん剤を服用する

人間は植物の毒性を用いた抗がん剤を服用する 強い毒性を持つ植物から有毒成分を抽出して作られた抗がん剤のことを植物アルカロイドと言います。
アルカロイドとはアルカリ性の天然由来の有機化合物との意味で、このような抗がん剤の研究は20世紀半ばに注目されました。
ニチニチソウからのピンカアルカロイド系、セイヨウイチイからのタキサン系、チョウセンアサガオからのトポイソメラーゼ阻害剤の3種類あります。
ピンカアルカロイド系は細胞分裂で重要な働きを持つ微小管の活動を阻止しがん細胞の分裂を抑制、精巣がんや神経芽腫や乳がんや肺がん患者に主に服用され、手足のしびれなど神経障害の副作用が強いです。
タキサン系も微小管に作用しがん細胞の分裂を抑制するもので、比較的新しく開発され乳がんや子宮がんや卵巣がんの女性特有がん患者や脳腫瘍を除いた頭部のがんなど幅広く用いられ、呼吸困難や血圧低下などアナフィラキシーショックの副作用が強いのが特徴です。
トポイソメラーゼ阻害剤は細胞分裂の際にDNAの切断と結合に関わるトポイソメラーゼという酵素の働きを阻害させがん細胞を死滅に導くもので、肺がんや胃がんや悪性リンパ腫や大腸がんなどの患者に処方され、白血球や赤血球や血小板の減少といった骨髄抑制の副作用が出ます。

新着情報

◎2019/1/24

植物の毒素を利用する抗がん剤
の情報を更新しました。

◎2018/10/19

植物由来による抗がん剤のリスク
の情報を更新しました。

◎2018/7/24

副作用を植物で癒す方法
の情報を更新しました。

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 ポイント」
に関連するツイート
Twitter

を専門的に診察している医師と、B型肝炎などの消化器全般を診察している医師では、診察のポイントが異なっていると言われています。

TwitterB型肝炎を考えるBot@susurewiluge

返信 リツイート 0:27

返信先:@coup2oeil他4人 >生涯発見することがなかったであろうを見つけ、宣告すること。その重みを少し考えてみるべきだと 一番大切なポイントだと思います。↑

Twitter春が来た山菜の季節@日隈斎京@higuma_saikyou

返信 リツイート 昨日 15:57

卵巣において、CaMKK2の過剰発現は予後の不良と関連している。CaMKK2を免疫チェックポイント阻害薬の抵抗性を克服するための標的として使えないだろうか?

購入特典クーポンなんてものは無いし、次回使える割引券だって出てこない。 ポイントは鑑賞ポイントだけで、しかも自動券売機の反応がクソ悪いからスマホ購入でしか溜まらない(おまかん 挙げ句毎月9日はポップコーンセットが500円!とかでお茶を濁す始末。 結論、TOHOは業界の

ここポイント

生物と同じで、生命を危機に陥れるような「細胞」をいかには入れないしくみをつくるか、そしていかに排出するかを考え抜くことが、会社経営にも重要なポイント

そもそも、一般の患者さんは「免疫細胞療法」と「免疫チェックポイント阻害薬を使った治療」の区別がつかない。よく勉強している人でも明確には答えられない。 色んなものが登場してきて、さらに難解&複雑になっていくがんの世界・・・。 #がん #

【がん遺伝子検査キット比較とおすすめ商品】 さまざまながんの発症しやすさがわかる遺伝子検査。 見比べるべきポイントや、特におすすめのキットをご紹介します。 #がん,# u-gene.jp/cancer/compare/

Twitter遺伝子検査総合情報サイト U-GENE@ugene_idenshi

返信 リツイート 3/17(日) 8:54

CASTLE(CArcinoma Showing Thymus-LikE differentiation)…甲状腺悪性腫瘍の1%で上皮小体から分離せずに甲状腺下極に遺残した胸腺から発生扁平上皮likeな島状構造と緻密な間質でリンパ球多いCD5陽性が扁平上皮との鑑別ポイント

がんで使われる薬は、ホルモン剤、抗がん剤、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬など様々なものがある。 共通して言えるのは「がんだけを攻撃し、正常な細胞には影響しない薬は存在しない」こと。全てにおいて副作用がある。 #がん #