植物由来による抗がん剤のリスク

植物由来による抗がん剤のリスク がんといえば命に係わる恐ろしい病気として知名度も高く、多くの患者が存在しています。それゆえに治療方法についての注目度も高いですが、手術だけでなくより負担が少ない治療として抗がん剤を使用するという治療方法も、割とメジャーになっています。

もっとも抗がん剤にもいろいろな種類が存在していますが、その中でも植物由来のものも存在しており、植物が持っているアルカロイド系毒性の中には、細胞増殖を阻害する働きがあります。それゆえに抗ガン剤として使用するには最適なのですが、やはり毒でもあるため、不用意に使用してしまうと副作用などのリスクも存在しています。またフィトケミカルなども腫瘍抑制効果があるので、野菜や果物中心の食生活に改善したり、そういった成分のサプリメントや健康食品などを利用することでガン予防に効果も期待できますが、あくまでこれは予防の段階での効果であり、すでに発症してしまった場合はそれだけでは治療と呼べないため、医療機関での適切な処置と治療を受けるようにしましょう。

植物に由来した成分を含む抗がん剤を投与するメリットと注意点

植物に由来した成分を含む抗がん剤を投与するメリットと注意点 抗がん剤の注意点の一つには、種類を確認してその薬の性質を見極める必要があるということです。性質によっては、副作用が懸念されるためでこうした副作用がなぜ起こるのかというとがん細胞を攻撃する抗がん効果だけではなく、正常な細胞まで攻撃してしまうという点にあります。
最近では、植物に由来した成分を配合する抗がん剤もできてきました。このタイプのものを投与するメリットは、副作用を軽減するという点にあります。抗がん剤治療や放射線治療で引き起こされる副作用を軽減する効果が大きく、脱毛がなくなるか少なくなったり吐き気も軽減しやすいなどで患者にとって抵抗感が少ないことが大きな利点といえます。
ただ、こうした薬物療法はがんがもしも消えたとしてもがんの幹細胞は残るため後で再発するリスクもある点は消えません。ですので、がんによる負担がなくなっても手術を行っておいたほうが良いということになります。
もしもがんから生還して復帰しても、植物性由来の成分を配合する薬は内服し続けておくことが大事です。

新着情報

◎2018/10/19

サイト公開しました

◎2018/7/24

サイト公開しました

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 リスク」
に関連するツイート
Twitter

リスク放射線よりタバコの方が2.5倍で肺とか約7倍でワロタ

RT @koichi_kawakami: @ivyshore2 @toppor @discusao 放射線副読本。一番問題と思ったのは、p10~11のの相対リスクに関する記述です。 ”100~200 mSvの放射線を受けたときのがん(固形がん)のリスクは1.08 倍であり、…

RT @koichi_kawakami: @ivyshore2 @toppor @discusao 放射線副読本。一番問題と思ったのは、p10~11のの相対リスクに関する記述です。 ”100~200 mSvの放射線を受けたときのがん(固形がん)のリスクは1.08 倍であり、…

RT @shun148: リスクが上がるほど被ばくしたと言われれば、その不安は以外の病気で死ぬとわかる時まで続くかも知れない。だから、「呪い」になり得る。

Twitterけいぶる・ぼーく@madfall1213

返信 リツイート 8:41

返信先:@s_leol3 よく分からんっけ。個別のにかかるリスクを足して割った数字らしい。嘘ではない数字だけど、現実に沿った数字でもない。

返信先:@RyukyuShouenou 煙草や酒と比較して云々という意見もありますが、煙草と同じような有害物質が出てる時点でお勧めできませんよ? 肺リスクが上がると言われているのにに効くからと言って使用する事も理解されづらいのでは? 個人的には貴方の意見には胡散臭さが滲み出てます。エビデンス?貴方は示してますか?

Twitterプロメテオ@9joyou

返信 リツイート 7:55

さらに、リスク指標Svに健康への影響が取り込まれているとの主張も変であった。紹介文献には健康の影響の一要素である「」についてのみの取り込みが紹介され、その他の影響の取り込みは将来課題であることが述べられていた。健康影響=ではないということを改めて述べておく。 twitter.com/miakiza2010090…

自称医による間違い ICRPによる放射線防護におけるリスク指標SVはとして主としてを組み込んでいるが、他の健康被害は上手く組み込まれていないので成立しない→「健康への影響の大きさは同等と見なせる」 測定しにくい内部被曝こそ問題。→「被ばく低減で問題なのは寧ろ外部被ばくですし。」

【WHO医薬品安全性情報データベースVigiBase解析:免疫チェックポイント阻害薬によるCV有害事象としては、他剤 [含:非抗剤] に比べ、心筋炎、心膜疾患、血管炎、リウマチ性多発筋症のリスクが高。心筋炎の50%は死亡】 Lancet Oncol goo.gl/F2sGJR

Twitter宇津貴史 [Utsu, Takashi]@Office_j

返信 リツイート1 7:36

高校の頃の化学の先生が、東日本大震災における福島放射性物質の漏洩の話の最中、「浴びた人はスーパーマンになっちゃうかもしれない」っていう話をしてたんだけど、突然変異が起こるという見地からするとあながち間違ってないんやな(なおリスク)と思った