植物由来による抗がん剤のリスク

植物由来による抗がん剤のリスク がんといえば命に係わる恐ろしい病気として知名度も高く、多くの患者が存在しています。それゆえに治療方法についての注目度も高いですが、手術だけでなくより負担が少ない治療として抗がん剤を使用するという治療方法も、割とメジャーになっています。

もっとも抗がん剤にもいろいろな種類が存在していますが、その中でも植物由来のものも存在しており、植物が持っているアルカロイド系毒性の中には、細胞増殖を阻害する働きがあります。それゆえに抗ガン剤として使用するには最適なのですが、やはり毒でもあるため、不用意に使用してしまうと副作用などのリスクも存在しています。またフィトケミカルなども腫瘍抑制効果があるので、野菜や果物中心の食生活に改善したり、そういった成分のサプリメントや健康食品などを利用することでガン予防に効果も期待できますが、あくまでこれは予防の段階での効果であり、すでに発症してしまった場合はそれだけでは治療と呼べないため、医療機関での適切な処置と治療を受けるようにしましょう。

植物に由来した成分を含む抗がん剤を投与するメリットと注意点

植物に由来した成分を含む抗がん剤を投与するメリットと注意点 抗がん剤の注意点の一つには、種類を確認してその薬の性質を見極める必要があるということです。性質によっては、副作用が懸念されるためでこうした副作用がなぜ起こるのかというとがん細胞を攻撃する抗がん効果だけではなく、正常な細胞まで攻撃してしまうという点にあります。
最近では、植物に由来した成分を配合する抗がん剤もできてきました。このタイプのものを投与するメリットは、副作用を軽減するという点にあります。抗がん剤治療や放射線治療で引き起こされる副作用を軽減する効果が大きく、脱毛がなくなるか少なくなったり吐き気も軽減しやすいなどで患者にとって抵抗感が少ないことが大きな利点といえます。
ただ、こうした薬物療法はがんがもしも消えたとしてもがんの幹細胞は残るため後で再発するリスクもある点は消えません。ですので、がんによる負担がなくなっても手術を行っておいたほうが良いということになります。
もしもがんから生還して復帰しても、植物性由来の成分を配合する薬は内服し続けておくことが大事です。

新着情報

◎2019/1/24

植物の毒素を利用する抗がん剤
の情報を更新しました。

◎2018/10/19

植物由来による抗がん剤のリスク
の情報を更新しました。

◎2018/7/24

副作用を植物で癒す方法
の情報を更新しました。

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 リスク」
に関連するツイート
Twitter

過去にB型肝炎に罹った人やキャリアの人については肝になるリスクが高いと言うことは間違いないでしょう。

TwitterB型肝炎を考えるBot@susurewiluge

返信 リツイート 昨日 23:27

妊娠時に #葉酸 が大切な事は 大分市民権を得てきていると思います。 でも、まだ「妊娠中だけ」と言うイメージですよね。 妊娠中ももちろんですが、長い人生の中で欠乏が続くと貧血、高血圧や鬱やリスクも上昇する事はあまり知られていません。→続く

さて、#葉酸 です。 #葉酸 は、#代謝 の要となるのでとても大事。 #葉酸#代謝 が上手く回らないとあらゆる事が起こります。 高血圧、鬱、、貧血・・・。 そして妊娠中(妊娠前からの補充が理想的)に不足すると、胎児の先天異常のリスクが増える。

ただ、そのが治ったからといっても、その後転移する話はよく聞きますよね。 あれは、細胞が血液の流れを使って体中の様々なところに転移するからです。 デトックスはその根本となる血液を綺麗にしてくれるので、転移のリスクも大いに減ります。

RT @kojija: 農薬に高曝露している人々は、非ホジキンリンパ腫という血液を発症するリスクが41%増加していた。 #グリホサート #がん sciencedirect.com/science/articl… theguardian.com/business/2019/… https://t.co/w2wl…

免疫抑制剤を長年飲んでいると腎臓に負担がかかると。もう20年程飲んでいる。オルミエントという内服薬に切り替える予定。主治医より、リスクが高いので若すぎて使えなかったが、ある程度の年齢になったので使ってみようかということになりました。

FNのEmpiricにより解熱するまでのMeanはHematoの高リスクでは5d、固形のLow Riskでは2日と報告されている。

RT @bmdurg: 「おたふく風邪に罹患しておくことは、大人になってから卵巣の発症リスクを低減する」ことを示す医学論文。自然罹患でなくてはダメ。 ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/P…

RT @IzumiMihashi: 日本酒ってアルコール度数高いので、そのまま飲むと粘膜を痛めて咽頭とか食道リスクを上げてしまう(特に喫煙者がやると激しくリスク上がる)ので、薄めるかチェイサーを推奨。 / “日本酒は水で薄めて飲んでいい - エルの楽園” https://…

原発性胆汁性肝硬変は胆道リスクファクターでない

Twitterリスクファクター おたく@riskfactorotaku

返信 リツイート 昨日 16:18