植物由来による抗がん剤のリスク

植物由来による抗がん剤のリスク がんといえば命に係わる恐ろしい病気として知名度も高く、多くの患者が存在しています。それゆえに治療方法についての注目度も高いですが、手術だけでなくより負担が少ない治療として抗がん剤を使用するという治療方法も、割とメジャーになっています。

もっとも抗がん剤にもいろいろな種類が存在していますが、その中でも植物由来のものも存在しており、植物が持っているアルカロイド系毒性の中には、細胞増殖を阻害する働きがあります。それゆえに抗ガン剤として使用するには最適なのですが、やはり毒でもあるため、不用意に使用してしまうと副作用などのリスクも存在しています。またフィトケミカルなども腫瘍抑制効果があるので、野菜や果物中心の食生活に改善したり、そういった成分のサプリメントや健康食品などを利用することでガン予防に効果も期待できますが、あくまでこれは予防の段階での効果であり、すでに発症してしまった場合はそれだけでは治療と呼べないため、医療機関での適切な処置と治療を受けるようにしましょう。

植物に由来した成分を含む抗がん剤を投与するメリットと注意点

植物に由来した成分を含む抗がん剤を投与するメリットと注意点 抗がん剤の注意点の一つには、種類を確認してその薬の性質を見極める必要があるということです。性質によっては、副作用が懸念されるためでこうした副作用がなぜ起こるのかというとがん細胞を攻撃する抗がん効果だけではなく、正常な細胞まで攻撃してしまうという点にあります。
最近では、植物に由来した成分を配合する抗がん剤もできてきました。このタイプのものを投与するメリットは、副作用を軽減するという点にあります。抗がん剤治療や放射線治療で引き起こされる副作用を軽減する効果が大きく、脱毛がなくなるか少なくなったり吐き気も軽減しやすいなどで患者にとって抵抗感が少ないことが大きな利点といえます。
ただ、こうした薬物療法はがんがもしも消えたとしてもがんの幹細胞は残るため後で再発するリスクもある点は消えません。ですので、がんによる負担がなくなっても手術を行っておいたほうが良いということになります。
もしもがんから生還して復帰しても、植物性由来の成分を配合する薬は内服し続けておくことが大事です。

新着情報

◎2018/10/19

サイト公開しました

◎2018/7/24

サイト公開しました

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 リスク」
に関連するツイート
Twitter

1. 、心臓病、脳卒中のリスク 2. 認知機能の低下 3. 肥満の増大 4. メンタルの悪化 5. 慢性痛の増加 6. 脳機能の低下 7. 疲労感アップ 8. 鬱傾向アップ 9. 体内の炎症レベルアップ 10. 体内時計が狂う

肝内結石症は胆管リスクファクター 109I15

Twitter113回医師国家試験bot@113kokushibot

返信 リツイート 16:15

こんにちは! 18日は「」について学ばせて頂く機会がありました! ●昭和56年より、死因が第1位 ●年間37万人以上の方々が「」で死亡(2017) ●3人に1人が「」で亡くなる。 ●生涯に「」罹るリスク ●男性の2人に1人。 ●女性の3人に1人。 若いから「」は関係ないのではなく、いつかは訪 pic.twitter.com/mAQ4y6y0DH

睡眠不足は86の病気のリスクが上がる! 不眠症状がある方はうつ病になるリスクが6倍になります。 (ペンシルベニア大学)イビキをかくとの発症リスクが最大4.8倍になる (ウィンシスコン医学大学) 睡眠を良くすることは病気の確率を下げるということです。

Twitterヒロ@右半身麻痺から完全復活した睡眠の専門家@karadashiftslee

返信 リツイート 15:20

TLS診療ガイダンス2013:急性白血病、慢性白血病、MM、固形それぞれで発症リスク評価。

【図15】被爆者の全死因、疾病の相対リスクは日本人平均より低く健康であることを示した。この結果は80年代初期までは被爆者が定期健康診断を受け早期発見が容易で予後の良いは発症率は高いが死亡率は低くなったからである    pic.twitter.com/CmGo8Avqnk

Twitter沢田昭二『放射線による内部被曝』bot@hibakubot

返信 リツイート 14:29

【国試で見間違えやすい言葉】 先天性胆道拡張症 先天性胆道閉鎖症 胆道拡張症は胆道リスクとなるけど、 胆道閉鎖症はならないので、見間違えに注意!!

Twitterべん太@国試勉強中👨‍⚕️@Muskete23306731

返信 リツイート 14:20

@eringi3_bot 肥満はいくつかの種類のリスクを高める可能性があるため、肥満を克服し、抑制するために、私たちは以下のようなさまざまな利点を持つハーブコーヒー成分を使用します。 pic.twitter.com/y8KIqqFhOp

肺がん。60〜70歳代にピークがあり、男女比3〜4:1。日本における悪性新生物()の死亡数では、男性1位、女性2位。症状は咳、痰、血痰。ブリンクマン指数が高いほど肺がんのリスクが高くなり、ブリンクマン指数の計算法は1日のタバコの本数×喫煙年数

Twitterポテチ組_のり@poteti_nori

返信 リツイート 13:32

ただ、そのが治ったからといっても、その後転移する話はよく聞きますよね。 あれは、細胞が血液の流れを使って体中の様々なところに転移するからです。 デトックスはその根本となる血液を綺麗にしてくれるので、転移のリスクも大いに減ります。